ESG投資とは?その意義、投資先

 

ESG投資とは

 ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字を取ったワードで、この3分野へいかに注力しているか、を評価基準に加えた投資をESG投資と言います。

 Eについては自然環境に対する取組、Sについては社内環境や地域社会への貢献施策、Gについては事業の透明性の担保、汚職防止策の実施、などが具体例として挙げられます。

 ESG投資は、2006年に国連事務総長コフィー・アナンが責任投資原則と呼ばれる考え方を金融機関に提唱したことで広まった考え方です。

 

 

責任投資原則とは

2006年、国連事務総長コフィー・アナンが提唱した考え方です。

法的拘束力はなく、任意の原則ですが、これを考慮することは、投資家にとってリスクマネジメントとなり、社会的責任を果たすことも可能となります。

6つの以下の原則が掲げられています。

  

  1. 私たちは投資分析と意志決定のプロセスにESGの課題を組み込みます。
  2. 私たちは活動的な(株式)所有者になり、(株式の)所有方針と(株式の)所有慣習にESG問題を組み入れます。
  3. 私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます。
  4. 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるように働きかけを行います。
  5. 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
  6. 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。
 

メリット

ESG投資をすることは、投資家にとって明確なメリットがあります。

 

ESGの基準を満たしている事業は、法律や規制、あるいは倫理的な問題による事業縮小の懸念が少なく、長期的に社会から受け入れられる事業だといえます。事業そのものの持続可能性が高いことから、長期にわたって利益をもたらすという点も大きなメリットになり得るでしょう。

 

出典:ESG投資とは?なぜ重要視されている? | EnergyShift

 

投資先は?

楽天投資信託スーパーサーチでの買付ランキングは以下の通り。

1位ブラックロックESG世界株式ファンド(為替ヘッジなし)

2位

SBIグローバルESGバランス・ファンド(為替ヘッジあり)グリーンインパクト

3位
UBS MSCI先進国ESG株式インデックス・ファンドみらいゲート・先進国ESG

 

みやこキャピタルが新ファンド設立。規模は142億円に。、

 

今朝の日経新聞より

www.nikkei.com

 

 ベンチャーキャピタル(VC)のみやこキャピタル(京都市)は医療や人工知能(AI)、環境などの先端分野に資金を振り向けるファンドを設立した。この枠組みには産業革新投資機構(JIC)や中小企業基盤整備機構など公的な機関もすでに参加・出資を決めており、ファンド全体の規模は142億円になる。

今朝の日経新聞から。みやこキャピタルが142億円規模の新ファンドを設立する模様。

 

みやこキャピタルとは

京都大学発として第2号のベンチャーファンド。成長の全ステージの企業を投資先とするが、シード、アーリーが主な投資対象。

世界のマーケットを視野に、最先端またはユニークな技術研究開発をしており、ビジネスフィールドでシェア1位を狙える企業に投資をしている。

投資対象分野は以下の通り。


1)ライフサイエンス、バイオ分野
2)アグリ・フード分野
3)環境、エネルギー分野
4)IT・モバイル、エレクトロニクス分野
5)先端技術を利活用するニューサービス
 

 (HPより)

【Pick Up】シンバイオについての解説&関連最新情報~トレアキシンによる売上成長ポテンシャル2倍に拡大~

 シンバイオ企業概要

 シンバイオは、ニーズは高いが、患者数が少ないがゆえに医薬品の開発は少ない「がん、血液、希少疾患」領域をターゲットに開発を進めるバイオベンチャーです。主要開発パイプラインには以下の3つがあります。

・トレアキシン:悪性リンパ腫向けの抗がん剤。現在、適応が拡大しており、新タイプのものも発売されている。

・リゴセルチブ:骨髄異形成症候群と呼ばれる血液の疾患に対する薬。米オンコノバ・セラピューティクス社が開発したが、2011年にライセンス契約を結び、日本及び韓国における独占的開発権及び販売権を取得した。

・ブリンシドフォビル(BCV):DNAウイルスと呼ばれるウイルスの増殖を阻止する薬。DNAウイルスには、多くの種類があり、これら広範囲のウイルスに対する治療薬として期待されている。米キメリックス社と、天然痘を除くすべての疾患を対象として、開発・販売・製造を含めた独占的グローバルライセンス契約を取得した。

トレアキシンとは、売上高への影響

 2021年12月期は、創業来初の黒字化が予想されています。同社は、

1トレアキシン自社販売体制構築

2FD製剤(凍結乾燥注射剤)から付加価値の高いRTD製剤(液剤タイプ)への置き換え

3トレアキシンの適応拡大

を黒字化の条件としてあげました。現在、すべての条件が達成されており、フィスコは、

2021年12月期の業績は、売上高で前期比206.4%増の9,151百万円、営業利益で1,361百万円(前期は4,506百万円の損失)となり、開発ステージから成長ステージへ入ることになる。

としています。

最新ニュース一覧

 

【Pick Up】今週の投資のための医療ニュース

 

 

 武田製品工業がデング熱ワクチンをEUへ申請

欧州医薬品庁、アステラス製薬抗体-薬物複合体エンホルツマブを受理

 

シンバイオ急騰、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)に対するBR療法、承認を取得

 

【医療ニュース】3/26 今日の投資のための医療ニュース

中外製薬 FoundationOne Liquid CDxが承認 血液検体を用いる固形がんへの遺伝子パネル検査として国内初 | ニュース | ミクスOnline

 

新型コロナへのイベルメクチン投与でEMA 現時点では推奨を裏付けられない | ニュース | ミクスOnline

 

英NICE 遺伝子治療用製品・ゾルゲンスマのNHS使用を推奨 | ニュース | ミクスOnline

 

ALK陽性非小細胞肺癌に新たなALK阻害薬が追加:日経メディカル

 

BCG療法が無効な上皮内癌を伴う筋層非浸潤性膀胱癌を対象に腫瘍溶解性ウイルスCG0070の国内フェーズ3が開始:日経メディカル

 

【医療ニュース】今日の投資のための医療ニュース

 がん遺伝子の一つであるKRAS遺伝子の阻害薬sotorasibが実用化目前です。KRASタンパク質の表面は、薬品を結合させづらく、分子標的薬の開発が困難でしたが、タンパク質構造の解明が進んだことで、開発が進んだようです。

 米アムジェンは、昨年12月にアメリカと欧州でsotorasibを申請。日本では臨床第1/2相試験の段階にあります。

KRAS阻害薬 今夏にも実用化へ…米アムジェン、非小細胞肺がんでsotorasibを米欧申請 | AnswersNews


沢井製薬 サワイグループHDの代表取締役社長に末吉一彦氏 グループCEOに澤井光郎氏、CBOに健造氏 | ニュース | ミクスOnline

 

NTTドコモと徳島県 県立中央病院、三好病院、海部病院に「5G遠隔医療支援システム」導入 国内初 | ニュース | ミクスOnline